ブログ

いずれは土に還る木製品をやっぱり地球のためにも使ってほしいのです

 

日頃は正直「劣悪な地球環境の現状」からはつい目を背けてしまうわけですが、やはりこの地球がもう相当いろいろな部分で汚染され痛めつけられていることも事実です。

これはもう回復できないレベルまで既に来ちゃっていますので相当人類全体で本気で考えねばまずいわけですね。

そんなわけで自分としてはやはり一番心配なものが「海洋汚染」なんですが、地球の大半を占める海からの恵は計り知れないものですし、気候のバランスや酸素の発生、そして食料の供給などで海は人間が生存して行く上ではほんと大きな部分を占めるものです。

 

そしてその海が今は「プラスチックゴミ」により回復不能な汚染状態になっているわけですね。

これもプラスチックはずっと腐りませんからずっとゴミであり続けるものですし、これがまた海流や波で徐々に細かく砕かれて<マイクロプラスチック>になることで、こんどはそれが魚の体内に入って・・・・結果的にそれを食べる人間の体内にも入る感じですからこれも頭痛いです。 避けようがありませんし。

で、我々もたぶんこれをしょっちゅう食べているはずですし・・・・

 

いずれにしても実際の海の画像なんか見ればほんと嫌になるわけですが・・・・以前うちの娘が東南アジアの有名なリゾート地に行って、ちょっとリゾートの海岸から離れた場所を小型船でクルーズしたそうですが、観光客の目につかないところではほんと目を疑うくらいのゴミの海と海岸・・・だったそうですから、さすがに海で泳ぐ気分にならなかったそうです。

プラスチックゴミの汚染

 

プラスチックは確かに便利ですが、リサイクル施設や概念が行き渡らない地域では最終的に海が捨て場になるわけですし、クジラや魚などの海に住む動物たちの死因も今ではこのプラスチック片によるものがとても多いのでやはりペットボトルをはじめとするプラスチック製品の使用もいいかげん考える時期に来ているのではと思います。

 

まあ昔はすべて「ガラス瓶」でしたが確かにペットボトルは軽くて割れません。

そんな感じで人類はどんどん便利なものを考え出して進化して行くわけですが・・・・やはり人間だけの地球ではないわけですしいずれ人間自体も生存できなくなることも普通に予想されるので、やはりプラスチックのこれ以上の使用は避けて行きたいものです。

 

それにしてもほんといろいろと地球の先行きを考えると頭が痛いところです。

そのため超微力ですが、うちではなるべくコンクリートで敷地を覆わず、プラスチックや100年単位で腐らないアルミ製品などの使用もなるべく抑え、木や草花をたくさん植えて緑を少しでも増やしてもらう庭や外構づくりを行いながらも、また庭雑貨ドットコムではプラスチックではなく、いずれ土に還る木製品を一生懸命(世の流れに反して)製作しています。

とにかく地球あっての今の生活ですから・・・・

 

 

 

 

 

 

関連記事

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

最近の記事

特集一覧

バックナンバー

商品一覧

ページ上部へ戻る